1000万円を売る男に「完璧」と言われた話

ブログ作成

From:宮腰早苗

 

真っ白な立山連峰を見ながら、豪雪になりませんようにと願う自宅より

昨日から、私はライティング祭りに入っています。ライティング記事が、あってあってたまらない状態。ライターにとって、これほど嬉しいことはありません。

 

しかし、「ライティングを仕事にしたいけれど、なかなかできないんです」という質問も時々いただきます。

なぜなら…

自分の文章スキルで仕事になるのか心配

セールスライターと言えば、文章で商品やサービスのPRをする仕事です。ぶっちゃけ、ネットがつながればどこでもできて、収入になるということで、「やってみたい」と思う人も多いようです。(実際はそんな簡単ではありません)

でも、文章を書くことを仕事にしたことがないんだよね、という人を中心に、「自分の文章スキルで仕事になるのか心配」と言われる人も多いです。

文章スキルは外に出してみて初めてわかる

自分の文章を外に出せない人にとっては、それができないんだよー!と言われるかもしれませんが、自分の文章スキルを確認する方法って、文章を外に出してみて、反応を見るしかないんですよね。

私の場合は、最初から仕事だったので、強制的ではありましたが、訳も分からず求人広告を書くというところから始まりました。

新規3件、更新10件

新規3件、更新10件ってなんのことだと思いますか?

実は、私が派遣会社にいた時に、1日で作成する求人広告の原稿ノルマです。

入社当時、私は9時半から16時半(休憩60分)で働いていたので、正味6時間の間に、新規広告3件の作成と、すでに公開されている広告の更新を10件やって、毎日上司に報告しなければなりませんでした。

考えている時間なんて…ない

6時間の間に、新規3件、更新10件ですから、何書こうかな、どこ修正しようかな、なんて考えていたら、あっという間に時間が過ぎてしまいます。

本当に訳も分からず、「昨日は××してみたから、今日は○○してみよう」くらいな感じで、無我夢中でした。

もし、この作成ノルマが達成できなかったら、翌日のノルマが増えるだけなので、数をこなすのに必死だったんです。

ひたすら数をやるだけ。それでどうなったか。

最初はひたすら数をこなす。それで精一杯でした。

でも、だんだん気が付いてきたんですよね。「どうしてこんなに頑張っているのに応募がこないんだろう」って。

それで、ただやるだけではダメなんだろうな、ってことに広告を作り始めて2ヶ月目くらいにようやく気づいたんです。

手帳に記録をつけ始めた

ただ数をこなすだけではダメだということに気づいてから、手帳に何をやったか記録することにしました。

当時の手帳を、私は『ダメ記録』と呼んでいますが、これをやった、でもうまくいかなかった、という記録がひたすら並んでいきました。

何をやっても応募が来ない…もう無理かも

もう一つ、会社の上司から言われたことじゃないんですけど、私自身のノルマとして、『これなら応募が来るかも?というアイディアを1日1個出す』というのをやっていたんですね。

それも毎日やっていて、やり始めてから2ヶ月くらいした頃、思ったんです。

『何をやっても応募が来ない…もう無理かも』って。

多分、見当違いなことをやってるんじゃないかって思い始めて、自力でなんとかするのを諦めました。

自力を諦め、プロの力を借りることにした

自力でなんとかするのを諦めた私は、エンパシーライティングのセミナーに出ることにしたんです。

セミナーの中で、ターゲットを絞ることや、締め切りを決めることを教えてもらって、広告を作り直したら、4ヶ月音沙汰なかった求人広告に、1週間で2人の応募があったんです。

それまで自力でめちゃめちゃ頑張ってて、上司もそれを見てたので、応募が来た時は、上司も一緒になって喜んでくれました。

今の実力を確認し、文章力を上げる方法

例えば、ブログなんかは、無料で始められるものも多いですよね。

自分の文章力の実力を見るには、ブログを始めて読者を集めてみるというのでも良いと思うんです。

ブログの読者を集めることも立派な集客だと思います。

 

あとは、プロの方に文章を見てもらって、改善点を教えてもらうというのも良い方法です。

私も先日、作った文章を見てもらいました。レビューをしてくださったのは、なんと、1回のプロモーションで1000万円を売ってしまうという男性。

その時「完璧!」という言葉をもらい、私もめちゃめちゃ自信になりました。その時の文章がこれです。

【関連記事】炊き込みご飯は5合やろ!

とにかく行動あるのみ!

まずは、これならできる!ということからやってみましょう。文章を書くことを生業としている私も、クライアントさんから、ご指摘を受けることもありますし、常にやってみては改善の繰り返しです。

セールスライターという仕事は、決してラクな仕事ではないけれど、書くのが好きで、PRや営業が好きな人上にとっては、とても面白い仕事だと思います。

    ご質問にお答えします

    営業のことや、文章の書き方についてのご質問をお受けします。
    いただいたご質問への回答は、ブログで行います。

    お名前
    年齢(必須)
    性別(必須)男性女性
    質問内容(必須)


    ブログ著者

    宮腰早苗

    みやこし さなえ

    ライティングオフィス  ファンアップ  代表

    良い人材と良い仕事の出会いをサポートします

    採用サイトの作成、LP、動画の作成、セミナー講師。
    大手人材派遣会社在職中、求人広告ライターと営業を兼務し、目標の2割しか達成できず、クビ寸前になる。
    そこで、企業も労働者も幸せになる働き方を提案し、90日でトップセールスに。その提案は、現在も多くの企業様に支持されている。

    Profile Picture