空気売れますか?

クリスマスツリー

From:宮腰早苗

 

クライアントさんのコンテンツを書きながら、頭の休憩に自分のブログを書いている自宅より

 

今日は12月12日。

クリスマスももうすぐ。

年末もすぐそこ。

ということもあって、あちこちから忘年会のお誘いが来ます。

皆さんは今年、いくつの忘年会に行きますか?

忘年会の価値

私は仕事がセールスライターなので、どうしても『売る』という方向に目が向きがちです。

人は物やサービスを買う対価としてお金を払いますよね。

なので、商品やサービスを買うほうとしては、お金の代わりに手に入れられるものってなんだろう?と考えるわけです。

そこで、数々の忘年会のお誘いを見ながら、忘年会の価値って何だろう?と考えてみました。

忘年会にはこんな価値があると思います。

  • 飲食ができる
  • 家ではなかなか食べられないものが食べられる(飲める)かも
  • 普段会わない人とお話できるかも
  • 普段会っている人とはもっと仲良くなれるかも
  • 普段会わない人とお話することで、自分にはなかった視点が得られるかも
  • 新しい人脈に繋がるかも
  • 楽しい時間が過ごせるかも

パッと思いついたのはこんな感じです。

忘年会は想像を売っている

箇条書きした忘年会の価値を見てみると、最後に『かも』がついていることが多くないですか?

忘年会は飲食店でやることが多いので、食事ができる、何かが飲めることは確定しているとして、

『食事が美味しいかもしれないし、美味しくないかもしれない』

『新しい人との出会いがあるかもしれないし、ないかもしれない』

『参加者と仲良くなれるかもしれないし、なれないかもしれない』

『楽しい時間になるかもしれないし、ならないかもしれない』

もうこれは想像の世界。空気を売っているのと同じです。

空気を売るのは難しい

セールスライターの先輩に「空気を売るのは難しい」と言われたことがあります。

そりゃそうですよね。

 

「触ることもできない」

「見ることもできない」

「匂いもない」

「聞くこともできない」

「味わうこともできない」

しかも、あるのが当たり前!

それが空気です。

空気が売れたら一人前のセールスライターかも

人間の五感で感じることができず、あるのが当たり前な空気。

そんな当たり前を文章で売ることができたら、きっとセールスライターとして一人前なんだろうな、と思います。

そしてまだまだ修行が必要な私は、今日も目の前の当たり前から、どんな価値を、必要としているお客様に伝えられるだろうかと、知恵をしぼるのでした。

    ご質問にお答えします

    営業のことや、文章の書き方についてのご質問をお受けします。
    いただいたご質問への回答は、ブログで行います。

    お名前
    年齢(必須)
    性別(必須)男性女性
    質問内容(必須)


    ブログ著者

    宮腰早苗

    みやこし さなえ

    ライティングオフィス  ファンアップ  代表

    良い人材と良い仕事の出会いをサポートします

    採用サイトの作成、LP、動画の作成、セミナー講師。
    大手人材派遣会社在職中、求人広告ライターと営業を兼務し、目標の2割しか達成できず、クビ寸前になる。
    そこで、企業も労働者も幸せになる働き方を提案し、90日でトップセールスに。その提案は、現在も多くの企業様に支持されている。

    Profile Picture