質問:体験やネットショップに来てもらうために、お客様目線の文章の書き方を教えてください

From:宮腰早苗

今日は、オリジナルの石鹸をECサイトで販売しながら、石鹸づくりの体験教室をされている方から質問をいただきましたので、回答します。

体験やネットショップに来てもらうために、お客様目線の文章の書き方を教えてください。

というご質問です。
石鹸に限らず、アクセサリーやアロマなど、商品を販売しながら作り方も教えているというお仕事は、女性を中心にこうしたお仕事をする方が増えているように思いますので、今日の回答が刺さる方は多いのではないかと思います。

お客様目線の文章を書くポイントは、細かいことを言えばたくさんありますが、今日は大切なポイントを3つに絞ってお伝えします。

ポイント1 その商品はどんなお客様のどんな悩みを解決してくれるのかを考える

例えばこの前、トイレットペーパーがスーパーからなくなって、困った方も多いと思うのですが、トイレットペーパーがなくなって困るのは、トイレに入ってもお尻が拭けなくなるからです。

マスクがなくて困るのは、こうした感染症が流行している時期に、飛沫を浴びたり浴びせてしまったりするリスクを防げないからです。

では、皆さんが販売している商品は、どんな人のどんな悩みに答えることができるでしょうか。まずこれを考えていただきたいのです。

悩みを解決するという視点で考えにくければ、皆さんの商品を手にすることで、お客様の生活はどのように変わるか、という視点で考えていただいても構いません。

悩みの解決、もしくは何らかの変化。それが、皆さんの商品が、お客様に提供できる価値となります。

ポイント2 文章を分ける

今回ご質問をいただいた方の場合、石鹸の販売と、石鹸のワークショップという2つの仕事をしています。
石鹸という共通項はあるものの、石鹸が欲しいというお客様に向けた石鹸の販売と、石鹸の作り方を教えて欲しいというお客様に向けたワークショップの案内の文章は分けた方が、お客様にひびきます。

別の例で説明しましょう。例えば皆さんが、出かけているときに「カレーが食べたい」と思ったとしましょう。その場合、おそらく皆さんは、飲食店に行って、カレーを食べると思います。

しかし、もし皆さんが、「美味しいカレーが作れるようになりたい」と思っていたら、行くのはやはり飲食店でしょうか?おそらく料理教室などに行くと思います。

このように、「商品を買いたい」というお客様と「作り方を教えて欲しい」というお客様は、ニーズが違うということを理解しておいてください。

ニーズが違うお客様に向けた文章をまとめた形で表現してしまうと、「結局何が言いたいの?」という文章になりがちです。少し面倒かもしれませんが、ニーズが違えば文章を分けていただくことをお勧めします。

ポイント3 法律を守る

今回ご質問をいただいた方は、石鹸というある意味、美容や健康に関連する商品を扱っている方でしたので、法律の話をポイントの3つめにあげました。

広告関連の法律として、景品表示法が挙げられます。景品表示法を一言で説明するならば、広告が消費者に誤解を与えないように取り締まる法律です。

また、化粧品やサプリメントなど、健康や美容に関連する商品の場合、薬機法(旧薬事法)が絡んでくるケースもあります。

2019年2月には、東京でコルギという小顔の施術をしていたサロンのホームページが、表記に問題がある(=施術に小顔になるという根拠が乏しい)として、摘発をうけ、課徴金の支払命令を受けています。

皆さんがどんなに良い商品を販売していても、広告の表現(もちろんホームページを含みます)が法律に違反していると、こうしたことが起こります。

東京のサロンのケースでは、景品表示法違反になったことで、廃業したケースもあると聞いています。
せっかく良い商品を販売していても、表示に違反が見つかり、廃業に追い込まれるのはとても残念なことです。「知らなかった」では済まない問題ですので、表記は十分に気をつけてください。

景品表示法については、以前、動画でもお話ししておりますので、ご覧ください。

「ホームページを作るなら知っておきたい景品表示法の話1」

「ホームページを作るなら知っておきたい景品表示法の話2」

今日は、お客様の視点に立った文章を書くコツとして3つご紹介してきました。

細かいことを言えば、他にもポイントはあるのですが、まずはこの3つを意識しながらどんなことが書けるか、やってみていただければと思います。

    ご質問にお答えします

    営業のことや、文章の書き方についてのご質問をお受けします。
    いただいたご質問への回答は、ブログで行います。

    お名前
    年齢(必須)
    性別(必須)男性女性
    質問内容(必須)


    こんな記事も読まれています

    ビジネスのヒント
    差別化が難しい商品を売るコツ
    代表の日記
    できないから学ぶ
    代表の日記
    稼ぐ人の超速文章術
    ビジネス書「稼ぐ人の超速文章術」に事例として掲載されました
    代表の日記
    自己紹介アニメ
    自己紹介アニメを作ってみました
    ライティング
    SNS、広告、営業などの商品PRに使えるウリの見つけ方
    ビジネスのヒント
    ペライチとWordPressの違い
    【ご質問】ペライチとWordPress、何が違う?

    ブログ著者

    宮腰早苗

    みやこし さなえ

    ライティングオフィス  ファンアップ  代表

    良い人材と良い仕事の出会いをサポートします

    採用サイトの作成、LP、動画の作成、セミナー講師。
    大手人材派遣会社在職中、求人広告ライターと営業を兼務し、目標の2割しか達成できず、クビ寸前になる。
    そこで、企業も労働者も幸せになる働き方を提案し、90日でトップセールスに。その提案は、現在も多くの企業様に支持されている。

    Profile Picture