紹介文を書くときに調べておきたい3つのこと

ライティング

採用情報であれ、商品やサービスの類(たぐい)であれ、なんらかの紹介文を書く時に、調べておきたいことが3つあります。反応が取れる文章を書くために大切なポイントをまとめました。

敵を知り己を知れば百戦危うからず

古いことわざに「敵を知り己を知れば百戦危うからず」ということわざがありますが、実は、商品やサービス、求職者に対する仕事の紹介文も含めて、このことわざがぴったり当てはまります。

敵・・・他の会社はどういう紹介の仕方をしているのかを知る

己・・・自分の会社(商品)はどういう特徴があるのかを知る

そして、もう一つ知っておきたいことは、環境。

どういうところで戦うのかを知ることが大切です。

求人・採用で言えば、今は売り手市場ですし、少子高齢化も進みます。若い人を採用するのは、ますます難しくなってくるでしょう。

そんな中で、自社はどのように仕事を紹介して、どんな人に入社してもらいたいのかを決めていく必要があります。

ここが曖昧だと、採用情報の中身が薄くなってしまったり、欲しい人材に響く紹介ができなくなり、応募が来なかったり、応募があっても、採用まで行かないパターンになりがちです。

仕事の紹介であれ、商品・サービスの紹介であれ、敵、己、環境の3つを把握しておく、と覚えておくと良いでしょう。

「企業と求職者のベストマッチングでWin-Winの関係へ」

宮腰早苗

富山県での実践例を紹介!長期戦力として 活躍する社員の採用と 定着に向けた講習会

富山県で1300件の求人広告を作成し、毎月20名以上の人材を紹介してきた経験をお話しするセミナーを開催します。

・なかなか応募がこない

・応募者と理想の人材がマッチしない

・入社してもすぐ辞める

といったお悩みをお持ちの企業様は、ぜひご参加ください。

開催日時 10月下旬開催予定

場所:未定