高岡イオンで銀座より高い時給1500円で人材募集!人手不足の企業が今、考えておくべきこと

From:宮腰早苗

ブログの内容を動画で見る場合はこちら

2019年9月14日に増床オープンする富山県高岡市にあるイオンで、時給1500円で人材募集をかけているテナントがあり、『銀座より高い時給』ということで、9月7日の日経新聞WEB版に取り上げられたようです。(このブログを書いている時点で該当記事は削除されている)

採用にかかるコストは上がる一方

富山はあまり知名度がある場所とは言えませんし、人材が豊富とも言えません。元々は製造業を中心としたものづくりの街でした。

しかし、数年前に、高岡イオン、砺波イオン、コストコ、三井アウトレットパークと、県西部に大型店舗が集中しました。その時は私もまだ派遣会社で人材コーディネーターをしていましたが、時給は1700円まで上がったことがあります。

製造業の場合、一部機械化ということもできますが、サービス業においては、製造業ほどすぐに機械化というわけにはいかないのかもしれません。

今後の少子高齢化の進行を考えると、採用コストはさらに上がっていくでしょう。

時給1700円の仕事が出た時、人の流れはどうだったか

数年前、大型店舗の出店ラッシュがあったとき、時給1700円の仕事まで出てきて、当時、派遣会社で人材コーディネーターをやっていた私は「これはもう人材の紹介ができないかも?」と思いました。

派遣はパートやアルバイトに比べて時給は高いですが、当時さすがに1700円の仕事はありませんでした。なので、もう紹介は無理だと思いました。

しかし、実際に蓋を開けてみると、さほど影響がなかったというのが実際です。

仕事の紹介をすると、やはりスタッフからは大型店の仕事の話は聴きましたし、迷っているという話や、実際に行った人もいます。

しかし、私の人材紹介数で言えば、多少下がった程度であまり変わりませんでした。

時給1700円のアルバイトがあるのに、派遣で働く理由

アルバイトも派遣も非正規です。かたや1700円のアルバイト、かたや1000円ちょっとの派遣。皆さんならどちらを選ぶでしょうか。

考えていただきたいのは、労働者は決して時給や給与の高さだけで仕事を選んでいるわけではないということです。

だからこそ、今、人手不足で悩んでいる企業様には、人材の募集に関しても戦略が必要ということをお伝えしたいです。

9月12日のセミナーでは、時給1700円のアルバイトがあっても、派遣スタッフを紹介できた理由についてもお話させていただきます。

富山県での実践例を紹介!長期戦力として 活躍する社員の採用と 定着に向けた講習会

富山県で1300件の求人広告を作成し、毎月20名以上の人材を紹介してきた経験をお話しするセミナーを開催します。

・なかなか応募がこない

・応募者と理想の人材がマッチしない

・入社してもすぐ辞める

といったお悩みをお持ちの企業様は、ぜひご参加ください。

開催日時 10月下旬開催予定

場所:未定