【ご質問】ペライチとWordPress、何が違う?

From:宮腰早苗

「ペライチとWordPressは何が違うんですか?」というご質問をいただきました。WordPressもペライチも作ったことがある私なりに感じている違いを回答します。

簡単に言えばチラシとパンフレットの違い

ペライチの「イチ」は、数字の1。

つまり、ペライチは基本的には1枚もののサイトです。

一方のWordPressは、ページ数の制限はないので、何ページでも増やすことができます。

どんな人に向いている?

ペライチは、1枚もののサイトなので、基本的には、伝えたいことを一つに絞れる場合に向いていると言えます。

例えば、イベントや教室などの告知、自己紹介、お店の紹介などです。

しかし、イベントの告知でも、「過去、こんなイベントもしましたよ」ということを、ブログ記事のような形で残したい場合は、WordPressが向いています。

WordPressは、とにかくたくさんの情報を、複数ページに分けて載せておきたい場合に向いています。

逆に、イベントの告知の中に、簡単に自己紹介を入れれば事足りる…というのであれば、1ページでいけるので、ペライチでも大丈夫です。

ペライチとWordPressの分かれ目は、複数ページに渡って情報を載せたいのか、1ページで収まるのかというところでしょうか。

ホームページの作りやすさは?

作りやすさは、圧倒的にペライチに軍配が上がります。

IDとパスワードが決まれば、無料ですぐに作り始められるペライチに対し、WordPressは、レンタルサーバーの会社を選び、決済を済ませてからデータベースを構築し、WordPressをダウンロードし、いよいよサイト作りが始まります。

ペライチは、様々なパーツも準備されているので、中の文章などが決まっていれば、さほど時間をかけずに、完成させることができます。おそらく、中に何を書くか、文章や写真を決める時間が一番長いと思います。

一方のWordPressは、複数ページを載せられるので、動線を考える必要があります。

通常は、まずページごとにどんな情報を載せるのかを決め、それぞれのページにどうやってリンクを飛ばすかなど、設計図を書いてから作り始めます。ですから、完成までの時間もペライチよりもかかります。

ちなみに、私が初めてペライチでホームページを作った時の動画がこちら

いわゆるトップページが1枚できたという感じです。

ペライチとWordPressどちらが良いの?

ペライチにもWordPressにも長所も短所もあるので、一概にどちらが良いとは言えません。

が、ペライチ、WordPressの特徴から、こんな人に向いているかな、と思います。

ペライチが向いている人

  • イベント告知、会社案内、自己紹介など、伝えたい情報が1つに絞られている
  • 複数ページは必要ない
  • まずは簡単にホームページを作ってみたい
  • ブログが不要、もしくはアメブロなどの外部サービスを使ってブログを書く(ペライチでも、外部へのリンクは貼れます)

WordPressが向いている人

  • 会社案内、採用、商品販売など、伝えたい(見てもらいたい)情報が複数ある
  • 複数の事業を営んでいて、一つのサイトで情報を出したい場合
  • ブログも自分のサイト内で書いていきたい
  • 将来的に情報が増えることを考えると、時間をかけてでも良いから、WordPressに取り組んでおきたい

細かく言えば、まだあると思いますが、ざっくりと私の主観で挙げてみました。

これからホームページを作ろうとお考えの方へ

これからホームページを作りたいという場合、

伝えたいことはあるけれど、まだそれほど情報量がないという場合はペライチで、

ガッツリ情報あります!という場合はWordPressで

というのでも良いのではないかと思います。

迷っているならペライチで初めの1歩を踏み出してみては?

しかし、まだ色々とあいまい…

という場合は、まずはペライチで作ってみては?と思います。

何より、IDとパスワードがあれば、無料ですぐに始められるのがペライチの良さです。

作ってみて、「こういう機能があったら良いのに」と思ってから、WordPressを準備し始めても良いと思うのです。

その時は、ペライチが下書きになりますから、WordPressの準備ができれば速いと思います。

あまり難しく考えず、気軽に始めてみてくださいね。

画像をアップロード

ブログ著者

宮腰早苗(みやこし さなえ)
エンパシーライティング インストラクターコーチ

派遣会社で毎月20名以上の派遣スタッフを紹介していた経験をもとに、採用サイトや採用ページの作成、インタビュー記事やコンテンツ記事の作成、営業などのセミナー講師をしています。