起業家・営業職なら読んでおきたい『成約のコード』

成約のコード

こんにちは。宮腰早苗です。

 

昨夜は、

『エキスパートカフェ』

という読書会に参加してきました。

 

課題本は

神田昌典さんが監訳された

『成約のコード』です。

 

昨日のエキスパートカフェは

1冊の本を読んで

わかったことや感想を話すだけでなく

神田昌典さん自身も後半から出席されて

皆さんから出る質問に

答えてくださったんですよ。

フォトリーディング日記25冊目

フォトリーディング日記25冊目は

クリス・スミス 著
神田昌典 監訳

『成約のコード』です。

この記事でわかること

集客においては、

さまざまなツールが

使われるようになりました。

 

その一方で、

何から始めていいのかわからない

どのように活用していいのかわからない

デジタルツールで集客できれば営業は不要?

など、悩みや迷いもあると思います。

 

この記事では

デジタルツールとリアル営業をの使い分け

がわかります。

どんな営業法でも一方通行はNG

スマホの普及により、

私たちがインターネットを使わない日は

ないと思います。

 

  • 何かを調べる
  • ものやサービスを購入する
  • コミュニケーションをとる

ほとんどがインターネットで行われるようになりました。

 

集客ツールもしかりで、

広告といえば、以前なら紙媒体が中心でしたが、

今はWEB広告が盛んに行われています。

 

しかし、例えばメールマガジン一つでも

登録はしたけれど、読んでいない

というものも、意外とあるのではないでしょうか。

 

つまり、システム的になんらかの営業ツールを使うだけで

見込み客が集まり、成約に至ることはなく

こちらから積極的に見込み客へのアプローチが必要

と著書には書かれています。

デジタルで見込み客を集めて、リアルで成約につなげる

facebook、ブログ、インスタグラム 、LINE@、Twitter…

さまざまなデジタルツールがありますが、

これらは主に発信用です。

 

先日も、ある方から

インスタグラムの質問を受けましたが

これらのツールは、

商品に興味がある人に対して

自分自身や商品の存在を知らせるツールです。

 

そして、これらの発信ツールを使うことで

あなたのイメージ

この人は○○ができる(わかる)人

というブランディングができます。

 

顧客に興味を持ってもらえたら

次は「この人から商品を買っても大丈夫」

と信用してもらう段階に入ります。

ここでは、顧客とのコミュニケーションが大切で

リアル営業(著書によると電話)が生きてくる場面です。

 

このように、デジタルだけでもない

リアル営業だけでもない、

どちらもうまく使うことで

成約に繋げていくための方法が書かれているのが

成約のコードです。

地方はリアル営業が有効なところも

昨日の読書会では、

神田昌典さんが、

私たちの質問に答えてくれました。

 

その中で地方の営業についてもお話されていたんですね。

神田さんによると、

リアル営業が有効な地方もあるようです。

 

私の派遣会社での営業経験でも

スタッフさんの紹介数は1:3で

オフライン営業のほうが多かったです。

やみくもに手を出すのが一番良くないかも

集客につながるさまざまなツールはありますが

自分がどういった人たちに売りたいのかによって

ツールは選ぶ必要があるなと感じました。

 

ツールを覚えるにも時間がかかります。

やみくもに新しいものに手を出すのではなく、

お客様の方を向いてセールスしているのか

という基本を忘れてはならないと思いました。

 

この記事が

最後まで読んでくれた

あなたの成約につながったら嬉しいです。

ありがとうございます。

 

宮腰 早苗(みやこし さなえ)

ご質問にお答えします

営業のことや、文章の書き方についてのご質問をお受けします。
いただいたご質問への回答は、ブログで行います。

お名前
年齢(必須)
性別(必須) 男性女性
質問内容(必須)


画像をアップロード

ブログ著者

宮腰早苗(みやこし さなえ)

派遣会社で毎月20名以上の派遣スタッフを紹介していた経験をもとに、採用や営業のお手伝いをしています。

エンパシーライティング インストラクターコーチ