不安を解消し、自分に自信が持てるようになる方法

感情は5秒で整えられる

「私もみんなも幸せ」を目指すあなたへ

 

日常生活を送っていると

どうしてもネガティブな感情を持つことがあります。

 

「なんで私が叱られなきゃいけないんだろう」

「なんでこんなことをやらかしたんだろう」

「なんで思い通りにならないんだろう」

「なんだか先行きが不安」

こんな思いを持つことはよくあるのではないでしょうか。

 

しかし、限られた人生を生きる上で、

ネガティブな感情に支配される時間が長いと

幸せに生きていくことは難しいと思います。

 

誰もがボジティブな思いを持つ時間を長くしたい

と思っていますが、

現実はそううまくいかないことも多いものです。

 

しかし、

ネガティブな感情を持つことがあっても

ポジティブな感情に切り替えることができたら

良いと思いませんか?

フォトリーディング日記23冊目

昨日、富山朝活で鈴木 雅幸さんの昼活に参加してきました。

【関連記事】【参加レポ】自己肯定UP!自分を好きになる心理学

 

お話もとても良かったし、

著書のタイトル、感情は「5秒」で整えられる

にも心を奪われたんですよ。

 

なぜなら、ネガティブな感情を持った時に、

なかなかそこから抜け出せないことってありませんか?

 

例えば、失恋して悲しいとか

上司やお客さんに怒られて、今日は出勤したくないなーとか

家を出る前に家族と喧嘩して、あームカつく!とか

忘れたいことに限って

なかなか忘れられなかったりします。

 

でも、そんなネガティブな感情が

たったの5秒で整うとしたら

すごいと思いませんか?

ということで

鈴木雅幸さんの著書

感情は「5秒」で整えられるを

フォトリーディング日記23冊目

に選びました。

この記事でわかること

この記事では

自分に自信を持つ方法と

不安をポジティブな感情に切り替える方法

がわかります。

ポジティブな人の特徴

ポジティブな人というと

どんな人を思い浮かべますか?

 

私は

  • 何らかの能力に秀でている人
  • 自分に自信を持っている人

ではないかと思っています。

つまり、自分の能力をわかっていて、

それを誇りに思っている人が

ポジティブな人のイメージです。

自分にはどんな能力あるのかわからない人も多いですよね

私自身もそうですが、

セールスライターという職業柄、

人や商品、サービスの良さは

すぐに見つけることができるんです。

 

でも、自分の良さって何だろう?

と言われると、

頭を抱えてしまうことが多々あります。

 

それくらい、自分の良さは自分に見えていない

ということも多いんですよね。

自分の能力を知るには?

感情は「5秒」で整えられるによると、

能力とは自分の取り柄

だそうです。

 

能力というと、

何だかすごいことじゃないといけないような気がしますが

すごいことじゃなくて良いんですね。

 

例えば、人や社会に対して役立つことをやっていれば

それがあなたの取り柄と言えます。

取り柄は収入につながらなくてもOK!

私が小学生の時、

駅の名前を全部順番通りに言える子がいました。

 

駅名の順番を間違えずに全部言えるって

収入にはつながらなさそうですが、

「○○駅に行きたい時は何線に乗れば良い?」

と困っている時には、役立ちますよね。

 

必ずしも収入につながらない取り柄でも

人の役に立つことは自信につながります。

取り柄もわからない時は

取り柄と言っても

これと言ったものがない

という人もいるかもしれませんね。

 

感情は「5秒」で整えられる

によると、

自分が楽しくできることに没頭することが

能力の種になるようです。

 

鉄道の駅の名前を間違えずに言える子は、

教科書に書いてあることを覚えるのは苦手だけど

路線図を見ながら、駅の名前を覚えるのはできるんですね。

 

覚えることなら路線図も教科書も同じようなものですが、

好きなことは寝食を忘れて没頭できるんですよね。

 

仕事でも、スポーツでも、お稽古ごとでも

よほどの天才でもない限り

最初からできるということはありません。

 

つまり、能力というのは

好きを磨き続けることで生まれるもの

とも言えます。

自分に自信をつけるには「継続は力なり」

自分に自信がない人は、

まずは自分の好きなことを見つけて

続けることで能力の種を見つけたら良いと思います。

 

最初は、能力を活かしても、

うまくいかないかもしれません。

しかし、

失敗するから改善策も生まれます。

 

能力や習慣も

繰り返すこと、継続することで磨かれ

やがてより多くの人に役立つことになり

収入へとつながっていくのだと思います。

不安になった時の対処法

といえ、うまくいかない時は

誰でも不安になります。

不安もネガティブな感情の一つですから

早めに解消したいですよね。

不安が起こる原因

感情は「5秒」で整えられる

によると

不安が起こる原因は2つあります。

1つは目標設定が高すぎること。

2つめに結果が出ないことを失敗と思うこと

です。

試行錯誤を楽しもう!

私自身も

さまざまなことを試しては

失敗してきました。

 

例えば、野球でも

今までバットを持ったことがない人が

ホームランを打てることなんて奇跡に近いです。

 

私はバットを持ったことすらないんだから、

最初はバットが球に当たるくらいがちょうど良い

くらいに思って、

試行錯誤を楽しみましょう。

 

プロ野球でも

3割打てるとすごいらしいです。

 

それはつまり、

10球中7球は外しても

すごいということです。

逆転満塁ホームランを求めているのは自分ではありませんか?

「失敗するんじゃないか」と思うと

動くこと自体が怖くなる。

そんなことが私にもあります。

 

それは、

バットを持ったことがない私に

逆転満塁ホームランを打ってこい!

と言われているようなものですよね。

 

だって、ここでホームランが打てなかったら

負けてしまうのですから。

 

でも、逆転満塁ホームランを打ってこい!

と言っているのは誰でしょう?

 

それは、誰かに言われているのではなく

自分でここでホームランを打たねば!

と思い込んでいることはありませんか?

 

バットを持ったことがない私が

すぐにできることと言えば、

とりあえずバットを振る

くらいなものです。

 

最初はボールにカスリもしないでしょう。

でも、それで良いんです。

 

ボールに当たらないバットも

振っているうちに

感覚がつかめてくるでしょう。

 

野球が好きなら、

家に帰って素振りをしたり

プロ野球の試合を見たりして

上手くいっている人を

研究しますよね。

能力はそうやって生まれ

育っていくのだと思います。

 

不安な時は、まず自分ができる1歩を踏み出す。

当たらなくても良いので、

バッターボックスに立ち

バットを振ってみましょう。

 

そして

ボールにバットが当たったら、

思いっきり褒めて喜びましょうね。

この記事が

最後まで読んでくれた

あなたの自信につながったら嬉しいです。

ありがとうございます。

 

宮腰 早苗(みやこし さなえ)

ご質問にお答えします

営業のことや、文章の書き方についてのご質問をお受けします。
いただいたご質問への回答は、ブログで行います。

お名前
年齢(必須)
性別(必須)男性女性
質問内容(必須)


 

画像をアップロード

ブログ著者

宮腰早苗(みやこし さなえ)
エンパシーライティング インストラクターコーチ

派遣会社で毎月20名以上の派遣スタッフを紹介していた経験をもとに、採用サイトや採用ページの作成、インタビュー記事やコンテンツ記事の作成、営業などのセミナー講師をしています。