Google recapcha v3にバージョンアップしたら自分のサイトにログインできなくなった時の対処法とスムーズなバージョンアップ

From:宮腰早苗

今日のブログは自分のサイトにGoogle recapchaを入れている方向けの記事です。

自社サイト(WordPress)にGoogle recapchaを入れているのですが、ダッシュボードのお問い合わせ項目にずっと更新を示す①が付いていました。調べてみると、使っていたv2からv3にバージョンアップしてくださいというお知らせでした。

ところが…

あるサイトを参考にバージョンアップをして、ログアウトをしたところ、所有者エラーでログインできなくなってしまいました。

所有者エラーって言われても、私、所有者なのに…

いろいろなサイトを参考にしながら、なんとかログインできるようになったので、忘備録をかねて経緯を書いておきます。

まずはバックアップを復元してみた

元に戻せばいいじゃーん!

という安易な考えで、まずはバックアップを復元してみました。

しかし、画面は変わらず…

完全にやらかしてしまったorz…

次にrecapcha.phpを消してみた

プラグインの操作をしたいのですが、ログインができないので管理画面に入ることができません。そのため、ファイルマネージャーから操作を試みます。

あるサイトの情報により、recapchaが入っているフォルダがあるようなのですが、名前が違うのか見つかりません。検索をかけてみるもののヒットせず、フォルダを1つ1つ…とも思いましたが、かなりの数があり、気が遠くなる作業になりそうでした。

ファイルマネージャーの検索で*recapcha*と入れて検索したところ、recapcha.phpという名前のファイルが出てきました。

これを消せばいいのか?

recapcha.phpを削除してみました。

ところが、やはりログインできません。

困った時のバックアップ♪

と思い、バックアップから復元してみましたが、recapcha.phpは復元されませんでした。

これはもういよいよ作り直しかも…

そう思いました。

recapchaプラグインを削除しようと決断!

先にやった方法は、recapchaプラグインを消さずにログインできるようになる方法でした。プラグインを消すと、もう1度プラグインを入れることになるので、面倒だなと思い、とった方法でしたが、うまくいきませんでした。

こうなったらもうプラグインを消すしかない!

そこで、こちらのサイトを参考にプラグインを消すことにしました。

この記事を書かれた方はエックスサーバーを使っていらっしゃいますが、私はさくらインターネットを使っているため、フォルダの名前が違いました。そのため、該当のフォルダを探すのに、時間がかかりました。

しかし、参考記事の中にもある「wp-content」のフォルダは見つかり、それからの作業はとてもスムーズに進みました。

参考記事の中に「Advanced noCaptcha & invisible Captcha」というフォルダを消す作業がありますが、これも私の場合は名前が「google-capcha」になっていました。どうやらこの「google-capcha」が、プラグインが入っているフォルダでは?と目星をつけ削除。

違ったらどうしよう…、バックアップで戻せなさそうだし、大丈夫かな?

とも一瞬思いましたが、そこは思い切りました。

再びログイン画面を見たところ、

recapchaが消えてる!

無事にログインができました!!

recapchaが原因でWordPressで作った自社サイトにログインできない時のまとめと、スムーズなrecapchaバージョンアップ方法

ログインができないので、サーバーから直接recapchaを消すしかありません。その上で、私は改めてrecapcha v3を実装しました。

recapcha v3の実装はこちらの記事の後半を参考にさせていただきました。また、基本的にこちらの記事を参考にすればスムーズにバージョンアップできるはずです。

しかし、私がスムーズにバージョンアップできなかったのは、recapchaをコンタクトフォームで使っていなかったので、その部分を飛ばしてv3を設定してしまったからだと思われます。v2の設定が完全に消しきれていないままログアウトしてしまい、ログインできなくなったのだと思います。

プラグインを入れている場合は、プラグインも削除して、v3を改めて設定するほうが、初心者にとってはスムーズかもしれません。

他にも、いくつか参考にさせていただいた記事はありましたが、シェアした記事が一番参考になりましたので、他の記事は割愛しました。

ただ、お使いのサーバーによって、フォルダやファイルの名前が多少異なることはあるのだと思います。ですので、検索の際は似たような名前でも検索することをお勧めします。

私もずっと「*recapcha*」(recapchaを含む)で検索していたため、プラグインが入っていた「google-capcha」がヒットせずに苦労しました。

トラブルに遭うと、視野が狭くなりがちですが、こういう時こそ気持ちの余裕を持ちたいですね。

画像をアップロード

ブログ著者

宮腰早苗(みやこし さなえ)

派遣会社で毎月20名以上の派遣スタッフを紹介していた経験をもとに、採用や営業のお手伝いをしています。

エンパシーライティング インストラクターコーチ