何を買うか以上に、誰から買うかの時代がきている

From:宮腰早苗

2年前の思い出投稿が出てきた

このブログを読んでくださっている方には、facebookをやっている方が多いと思います。facebookでは、何年か前の今日、こんな投稿をしましたよ、という思い出投稿が出てきますよね。

今日の私の投稿には、2年前、ホームページの勉強会をしていたという思い出投稿が出てきました。自分のホームページを作りながら、勉強会もしていたんですよね。

当時、教える前提で学べた環境があったからこそ、今こうして、たくさんの方にご覧いただけるサイトに成長できたのだと思います。

生活必需品でもない「文章を書く仕事」に依頼が来る理由

2年前の思い出投稿を見て、改めて、自分の集客のことを考えてみました。文章を書くというのは、いわゆる生活必需品でもないですし、読み書きができる人なら、文章は書けるはずです。

それでもなぜお客様が私を選んでくださるのか…それを考えたところ、人が集まる、あなたにお願いしたい、というポイントはここではないかということに気づきました。

今日は、お客様が私を選んでくださった理由を振り返りながら、どんな職業でも活かせる「あなたにお願いしたい」と言われるコツについて書いていきます。

供給過剰の中で選ばれる存在になるには

ライターと一口に言っても、色々な人がいますし、同じように、あなたが提供している商品やサービスにも、同業者はいると思います。

同じような商品やサービスを提供している人が多い中で、あなたから買いたいと言ってくれる人がどれだけ多いかは、売り上げを大きく左右すると思います。

プロフィールで「私はコレが得意です」を出す

私自身、どんな流れでお仕事に繋がっているかを考えた時、名刺からホームページをご覧いただくというケースが一番多いのです。

また、私のホームページの中でも、トップページの次に見られているのが、プロフィールですし、先日、プロフィール動画をご覧くださった方から、文章を作って欲しいという依頼がありました。

いただくご依頼の内容は、仕事の紹介や会社の紹介が多いのですが、文章が書ける人は世の中にたくさんいる中で「お願いします」と言われる理由は、プロフィールで「私は採用が得意です」と出しているからだと思います。

プロフィールで大切なポイント

プロフィールで大切なポイントを3つお伝えします。

① あなたは何ができるのか、他とは何が違うのかを明確にする

私はライティングの中でも、仕事の紹介や会社の紹介が得意ですが、ライターの中には、物語を書くのが得意だったり、知識やスキルのライティングが得意な人もいます。

同じように、あなたの仕事でも、ざっくりといえば同じ仕事だけれど、細かく見ていくと「ここが違う」という点があるはずです。

その違いをまずは明確にしてください。

②あなたができることは、どんな人の役に立つのかを明確にする

次に、あなたができることは、どんな人のどんな役に立てるのかを明確にします。

私の場合でしたら、会社や仕事の強みを明文化することで、その会社にとっての理想の人材の応募につなげるのが得意です。

あなたの得意なことは、どんな人を笑顔にさせるのか、考えてみてください。

③ストーリーに沿って話す(書く)

文章にしろ、プレゼンにしろ、伝わりやすさを決める大きなポイントとして、順番があります。

内容は同じでも、何をどの順番で話すかによって、わかりやすさが変わってきてしまいます。

「あなたから買いたい」を増やすポイント

つまり、同じような商品やサービスを提供している人が多い中、プロフィールを磨くことで、あなたから買いたいと言ってくれる人が増えると思います。

11月9日のセミナーでは、プロフィールを題材に、伝わるブログの書き方をお伝えしたいと思います。正式告知をお待ちください。

画像をアップロード

ブログ著者

宮腰早苗(みやこし さなえ)
エンパシーライティング インストラクターコーチ

派遣会社で毎月20名以上の派遣スタッフを紹介していた経験をもとに、採用サイトや採用ページの作成、インタビュー記事やコンテンツ記事の作成、営業などのセミナー講師をしています。