キャッチコピーが良ければ、広告で集客はできるのか?

食べ放題のチラシができたー♪

どれどれ?
お寿司の食べ放題ができるんだね。
すごい!いくらも食べ放題なの?

そうなんです。でも、いくらの食べ放題は夜だけみたいです。

そうなんだ。それなら夜だけのメニューは『夜のみ』の表記があったほうが良いよね。

それ、あったほうがいいですかね。お店の人は高級なネタが食べ放題なのをウリにしたいみたいなんですよ。

でも、お昼もいくらが食べられると思って来るお客さんもいるんじゃないかな?そうすると、『チラシの内容は嘘ですか?』ってクレームになりそう。

良かれと思ってやったことが、逆にお店に迷惑をかけてしまうかもしれませんね。

そうね。それだけでなく、もしかしたら景品表示法の優良誤認に当たるかもしれないわ。

景品表示法の優良誤認?

景品表示法の優良誤認とは?

消費者庁のホームページによると

景品表示法第5条第1号は、事業者が、自己の供給する商品・サービスの取引において、その品質、規格その他の内容について、一般消費者に対し、

  1. (1)実際のものよりも著しく優良であると示すもの
  2. (2)事実に相違して競争関係にある事業者に係るものよりも著しく優良であると示すもの

であって、不当に顧客を誘引し、一般消費者による自主的かつ合理的な選択を阻害するおそれがあると認められる表示を禁止しています(優良誤認表示の禁止)。

具体的には、商品・サービスの品質を、実際よりも優れていると偽って宣伝したり、競争業者が販売する商品・サービスよりも特に優れているわけではないのに、あたかも優れているかのように偽って宣伝する行為が優良誤認表示に該当します。

とあります。

つまり、本来の価値以上の商品であるかのように見せてしまうと、景品表示法の優良誤認ということになります。
今回の場合、昼は食べられないメニューも、いつでも食べられるように見えてしまうことが、ちょっと引っかかるわね。

やっぱり、『夜のみ』という言葉は入れたほうがいいですかね?

1億円以上の課徴金支払い命令を受けたTUTAYA TV

そうね。きちんと『夜しか食べられないと分かるように表記』したほうがいいね。実は、今年に入ってTUTAYA TVが景品表示法の優良誤認で1億円を超える課徴金の支払い命令を受けているの。以前動画でもお話ししたのよ。

罰金で1億円!!

そして、優良誤認は、わざとやった時はもちろんだけど、知らずにやっても規制の対象になるから気をつけてね。

知らずにやって、あとで罰金が1億円とか言われたら、怖いですね。

そうよね。だから、キャッチコピーであれ、本文であれ、写真やデザインも含めて、これを見たお客様がどういう判断をするかを考えて広告やホームページ、チラシなどを作る必要があるの。

チラシを出す前に気づけて良かったです。

広告の内容が良ければ商品は売れるのか?

例えば、なかなか売れない商品があったとして、広告を出していれば、広告の内容が悪いのではないかと、デザインを変えたり、キャッチコピーを変えたりしますよね。

もちろんそれも大事なのですが、そもそもその商品にニーズがあるのかや、どういうお客様にアプローチをしたらいいのかといった、販売戦略から考えなければならないこともあります。

それをキャッチコピーや広告だけでなんとかしようと思うと、表現が過ぎてしまい、景品表示法違反になるケースもあるので気をつけましょう。

メルマガで実践できます

せっかく情報をインプットしても、それをアウトプットしなければ力になることはありません。

そこで、ブログを投稿した翌日のメルマガで、アウトプットができる仕組みを作りました。

アウトプットしながら力をつけていきたい方はメルマガの登録をお勧めします。

登録はこちらから

ファンアップ メルマガ
姓   名 
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール

画像をアップロード

ブログ著者

●宮腰早苗(みやこし さなえ)
●薬機法対応セールスライター
●エンパシーライティング インストラクターコーチ
詳しいプロフィールはこちら
代行メニューこちら
講座メニューこちら