オンラインセミナーのメリットデメリット

From:宮腰早苗

コロナウイルスの影響拡大で、イベントの延期や中止が続いていますね。

私もいくつかのスケジュール変更がありました。

今日は朝から打ち合わせを1件やって、次の仕事まで少し時間が空いたので、イラストレーターのセミナーをオンラインで受講しています。

仕事でどうしてもイラストレーターを触る必要が出てきたので、初心者でもわかるコースを受講しているんです。

オンラインでセミナーが受けられるって、本当にありがたいですね。

オンラインセミナーのメリットとは

オンラインセミナーは、受講者にも講師にもメリットがあると思います。

移動が不要

移動が不要というのは、2つのメリットがあると思います。

一つは、時間の有効活用という面。

もう一つは、感染症予防という面です。

移動の時間が不要というのは、とてもメリットが大きいですね。

今、皆さん忙しい方が多いですから、教える側、教わる側、双方にとってメリットが大きいと思います。

また、交通機関を利用する場合、運休などのトラブルに巻き込まれる可能性がありますし、車の場合も、渋滞に巻き込まれる可能性がありますが、オンラインセミナーはそんな心配はいりません。

また、今(冬)の時期は、さまざまな感染症リスクがあり、特に今年は、コロナウイルスという、新たなウイルスが蔓延しています。

移動が不要なら、人混みに出かけて感染リスクを高めることもありません。

好きな時間や隙間時間に受けられる

私が今、受講しているのは、クラウド上にアップされているセミナーです。

ですので、自分の受けたい時間に受けられますし、また、ちょっとした隙間時間に10分だけ、15分だけといった形でも受講できます。

これも時間の有効活用と言えるでしょう。

繰り返し復習が可能

録画されているセミナーなら、繰り返し復習することも可能です。

受講している時はわかったつもりでも、後になってわからなくなったということは往々にしてあることです。

そんな時でも、繰り返し復習ができるのは、とてもありがたいです。

オンラインセミナーのデメリット

一方で、オンラインセミナーにもデメリットがあります。

インターネット環境が必要

オンラインなので、当然ですが、インターネット環境が必要です。

通信環境が悪いところでは、受講しにくい面があります。

質問がしにくい

対面やZOOMの場合は質問できますが、クラウド上にアップされているものを受講するスタイルの場合、質問ができません。

オンラインセミナーは基本マスター向き?

メリット、デメリットがあるオンラインセミナーですが、誰もが必要とする基本的な部分を教わるには、とても良いシステムではないかと思います。

ただ、セミナー形式によっては、質問ができなかったりするので、個別対応が求められるシーンでは、学びが難しい場合もあると思います。

全くの初心者の場合は、オンラインセミナーで基礎を習得し、個別対応が必要な場合は、対面などのセミナーを受講すると良いかもしれません。

ブログ著者

宮腰早苗

みやこし さなえ

ライティングオフィス  ファンアップ  代表

良い人材と良い仕事の出会いをサポートします

採用サイトの作成、LP、動画の作成、セミナー講師。
大手人材派遣会社在職中、求人広告ライターと営業を兼務し、目標の3割しか達成できず、クビ寸前になる。
そこで、企業も労働者も幸せになる働き方を提案し、90日でトップセールスに。その提案は、現在も多くの企業様に支持されている。

Profile Picture