風邪にご注意!

冬山

From:宮腰早苗

今日は七草。

春の七草を食べて、無病息災を願うというものですが、私はその前に風邪をひいてしまいました。

昨年、クリスマスの辺りにも鼻風邪をひいて長引いたので、弱り目にたたり目になっているかもしれません。

今回は鼻ではなく喉。

扁桃腺からくる高熱でした。私はどうも喉がウィークポイントのようで、子供の頃からよく扁桃腺からくる熱を出していたんです。

だからこそ、逆にどうすれば早く熱が下がるか、ということもわかっていて、今日は、喉が腫れている感じはあるものの、熱は下がりました。

いつもの年ならかなり寒いので普段から喉のケアはするのですが、今年は暖冬で雪が少ないからかちょっと油断したのもありました。

そこで、今回の記事では、普段私がしている風邪対策について書いてみたいと思います。

首を温める

喉なので、首を温めるのが基本です。

セーターなら、タートルネックを着たり、マフラーやスカーフなどで、首を冷やさないようにします。

寝るときは、首にタオルを巻いて寝ています。もし汗が出ても、タオルが汗を吸ってくれるので、一石二鳥なんですよ。

”首”とつくところを温める

首の他にも、体には”首”とつく場所がありますよね。

手首、足首。あとは”くびれ”のある場所ということで腰も温めると良いです。

私の場合、手首、足首にゴムが入っていて、暖気が逃げないようなものを着用したり、腰は腹巻きや毛糸のパンツを履いたりして温めます。

体を温めるために靴下を履いて寝る方もいらっしゃいますが、私は汗をかいてしまい、汗が原因で冷えるので、裸足で寝ています。

布マスクをして寝る

そして、喉といえば、呼吸で入ってくる空気も大切です。

空気が乾燥すると良くないということは、多くの方が知っていると思います。

そして、冷たい空気も喉を乾燥させるような気がします。

なので、私は冬になると、布マスクをして寝ています。

売っているマスクのほとんどが不織布マスクなのに、布マスクを使うというのも理由があります。

不織布のマスクだと、温かい呼気がマスクについて汗のようになり、口周りが冷えて、目が覚めたことがあるんです。

布マスクだと、呼気も吸ってくれるので、口周りが濡れることもなく、入ってくる空気も程よく温かいです。

なので、不織布マスクは外で使い、寝る時は布マスクを使っています。

季節は冬、暖冬を侮らない

今年は暖冬なので、ちょっとケアを怠っていましたが、風邪をひいてわかるのが健康の大切さです。

暖冬だといって侮らず、きちんとケアをしたいと思います。

宮腰 早苗(みやこし さなえ)

    ご質問にお答えします

    営業のことや、文章の書き方についてのご質問をお受けします。
    いただいたご質問への回答は、ブログで行います。

    お名前
    年齢(必須)
    性別(必須)男性女性
    質問内容(必須)


    ブログ著者

    宮腰早苗

    みやこし さなえ

    ライティングオフィス  ファンアップ  代表

    良い人材と良い仕事の出会いをサポートします

    採用サイトの作成、LP、動画の作成、セミナー講師。
    大手人材派遣会社在職中、求人広告ライターと営業を兼務し、目標の2割しか達成できず、クビ寸前になる。
    そこで、企業も労働者も幸せになる働き方を提案し、90日でトップセールスに。その提案は、現在も多くの企業様に支持されている。

    Profile Picture