早くすればよかったと後悔しました

今日は私、猛烈に後悔しています。こんなことなら早くやっておけば良かった…そんなことにならないためにも、皆さんにシェアします。

ヒールに穴が開きました

皆さんは靴にこだわりはありますか?

私はそんなにこだわりはないんですけど、足が小さいので通販では買わずに、お店で履いてみて、歩きやすい靴を選ぶようにしているというくらいのこだわりです。

ただ、皆さんの中にも、いわゆる一張羅(何かの時に着る服)を持っている人いませんか?実は私、1足だけ靴の一張羅があるんですが、先日、その一張羅の靴のヒールに穴が開いていることがわかったんです。

女性なら1度は経験がある人もいるかもしれませんが、どうもヒールの後ろ側を何かに引っ掛けてしまったようなんですね。プラスチックのヒールにスエードが張ってある靴なので、後ろ姿を見られた時に、やはりみっともないんです。

お直しするかで悩む

靴屋さんに行けば直してもらえるのですが、靴のお直しなんて初めてで、直すのにかかる期間や値段のことが気になり、1ヶ月くらい放置していたんです。

でも、このままだとみっともなくて履けないし、まず問い合わせるだけでも問い合わせてみようと思い、靴屋さんのホームページにある問い合わせフォームで問い合わせてみました。

意外な答えが返ってきた

靴屋さんのホームページには、ヒールの取り替えになると、3週間くらいで1万円以上かかると書いてありました。

結構大きな穴だったので、ヒールの交換になるかなぁ…と思っていたのですが、問い合わせてみたところ、

「お写真で見る限り、革を伸ばしてお直しできそうです」とのこと。

直してくれる場所が富山県ではないので、穴が開いてしまった靴を送ったのですが、早速靴屋さんから電話がかかってきて、こんな回答をいただきました。

「この穴ですと、2日程度で直せます。今週末にはお手元に戻せますよ。修理代金は1836円になりますが、よろしいですか?」と。

え?そんなに速く、そんなに安く直せるんだったの?悩んだ1ヶ月はなんだった?

と思いましたが、『この悩む時間、無駄だったよな』と思った経験、1度や2度はありませんか?

今回は「靴を直す」ことが目的ですが、いきなり靴を直すという目的を達成する前に、「自分で調べる」、「わかる人に聞いてみる」ということはできそうですよね。

私も靴を直すという目標ばかりにこだわりすぎて、その前にできる「わかる人に聞く」ということまでできなくなっていたな、と反省しました。

やはり何事も後回しにしないことが大切ですね。

ブログ著者

宮腰早苗

みやこし さなえ

ライティングオフィス  ファンアップ  代表

良い人材と良い仕事の出会いをサポートします

採用サイトの作成、LP、動画の作成、セミナー講師。
大手人材派遣会社在職中、求人広告ライターと営業を兼務し、目標の3割しか達成できず、クビ寸前になる。
そこで、企業も労働者も幸せになる働き方を提案し、90日でトップセールスに。その提案は、現在も多くの企業様に支持されている。

Profile Picture