WordPressテーマ「BizVektor」が使えなくなる?

From:宮腰早苗

ここ最近、こんなご質問を立て続けにいただきました。

宮腰さん、WordPressのテーマに「BizVektor」ってあるじゃないですか?あれって使えなくなるんですか?

BizVektorは、公式サイトでアップデートはしない旨のお知らせが出ていて、Lightningという別のテーマに移行するよう、勧められています。

今日も、ある方と同じような会話をしていたので、今日はWordPressのテーマに「BizVektor」についてブログを書いていきます。

公式サイトより「BizVektorアップデート終了のお知らせ」

まずは、公式サイトで発表されている、開発終了のお知らせを確認してください。

https://bizvektor.com/info/bizvektor-v-1-12-0/

これを見る限り、すでに無償製品への問い合わせについては、回答していないとなっています。

当面BizVektorを使うなら、1.12.0 にアップデートが必要

情報を見る限り、すでに昨年の話なのですが、当面BizVektorを使いたい場合、まずはBizVektorのバージョンを1.12.0にアップデートすることが必要です

と言うと、次にくる質問が

テーマのバージョンってどこでわかるんですか?

なので回答しておきますね。

ダッシュボードの「概要」に、使っているテーマとバージョンが書かれているので確認してみてくださいね。

そのほか、BizVektorに関していただいた質問

ぶっちゃけ、いつまでBizVektorは使えますか?
公式サイトでも発表はありませんが、いつまで使えるかは私もわかりません。ただ、今後、WordPressそのものや、使っているプラグインは、更新してバージョンアップしていくのに対して、BizVektorは更新されないので、WordPressそのものやプラグインの更新によって、不具合が起き、使えなくなることが考えられます。
では、WordPressやプラグインの更新をかけなければ、ずっとBizVektorが使えますか?
更新をかけないのはおすすめしません。WordPressやプラグイン、テーマがバージョンアップするのには2つの理由があるからです。

1つは機能向上です。今まではできなかったことが、バージョンアップによってできるようになります。

2つ目は脆弱性の改善です。どのサイトでも言えることですが、Webサイトは様々な危険にさらされています。
WordPressであれ、プラグインであれ、テーマであれ、人間が作ったもので完璧はありえません。何らかの危険性が見つかった場合、その改善としてバージョンアップが行われます。

バージョンアップの内容によっては「更新しない=危険を放置している」ということになります。ですので、やはり更新はかけたほうが良いですし、万が一のために、バックアップと復元の方法を確認しておくことをおすすめします。
「Lightningに移行してほしい」とありますが、移行して問題ないか不安です。
お気持ちはよくわかります。この前までできていたことが、テーマを変えたらできてない、表示されなくなった、となると嫌ですもんね。ただ、BizVektorが更新されない以上、どこかのタイミングでテーマを変える必要はあると思うので、それが今か先かの話です。

公式サイトでは、BizVektorの次のテーマとしてLightningを推奨していますが、BizVektorとLightningは同じ会社が作っています。もちろん、全てのパターンではありませんが、ある程度の移行テストはした上でおすすめしていると思います。

とはいえ「うちの場合は…」というのが一番心配ですよね?
おすすめなのは、バックアップと復元の仕方を今一度確認し、Lightningに変更してみて、おかしかったらBizVektorに復元できる体制を整えておくことです。

そうすれば、テーマを変えたことで、どこがおかしくなったのかもわかりますし、仮にLightningではちょっと…となったとしても、すぐにBizVektorが使えなくなるわけではないので、一旦BizVektorに戻して、時間の猶予があるうちに、今後のことを考えることもできます。

今回はテーマの変更ですが、何かあった時に、復元できる方法が分かっているというのはとても心強いです。私自身、このサイトで何回もバックアップには助けられています。

実店舗の場合、万が一の備えとして火災保険に入っていると思いますが、Webサイトは、万が一の備えとして、バックアップと復元の仕方は確認しておくことをおすすめします。

画像をアップロード

ブログ著者

宮腰早苗(みやこし さなえ)
エンパシーライティング インストラクターコーチ

派遣会社で毎月20名以上の派遣スタッフを紹介していた経験をもとに、採用サイトや採用ページの作成、インタビュー記事やコンテンツ記事の作成、営業などのセミナー講師をしています。