WEB採用ページ作成サービス

数より質の人材採用

 

お問い合わせボタン

人手不足で悩む企業は多い

残業続き

売り手市場と呼ばれて久しい昨今、人手が足りないと悩んでいる企業様はとても多く、自社サイトを持つ企業さまの多くが、採用ページを入れていらっしゃいます。一方で、「採用ページがあるものの、思ったような採用につながっていない」といったお声もよく聴きます。

私は大手人材派遣会社にて、富山県内の製造業の企業様を中心に、1300件以上の求人広告作成と、毎月20〜30名の派遣スタッフ紹介から就業後のアフターフォローまでを担当してきました。現在は、その経験と実績を活かして、採用にまつわるお手伝いもしています。

応募が少ない、理想の応募者に出会えない多くのホームページを見ると、求職者から見て「行ってみたい」と思うような、良さや強みが出せていないケースが多いのですが、理由を尋ねると「どんな情報を出したら良いのかわからない」とおっしゃる企業様がほとんどです。

約9割の求職者が、応募前に企業サイトや採用ページを確認

パソコンを見て悩む女性

大手転職サイトが実施したアンケートによると、仕事に興味を持った求職者が、その企業のホームページを確認する割合は88.7%。採用ページを確認する求職者は70.4%に上ります。仕事を知ったきっかけが何であれ、およそ9割の求職者が、興味を持った企業のホームページを確認しています。

逆に言えば、何かをきっかけに仕事に興味を持ってもらっても、企業サイトや採用ページを見て、疑問や不安を感じ「やめておこう」となることがあるということです。

この結果からも、採用に力を入れたい企業であれば、会社規模や業種、職種に関わらず、自社サイトや採用ページにも力を入れ、求職者が「応募したい」という情報を載せておくほうが良いことがわかります。

お問い合わせボタン

人材不足解消に向けた採用ページを作るには

一言で「人材不足」と言っても、その状況は企業さまによってさまざまですが、大きく分けると「応募がこない」、「どんなことをPRしたら良いのかわからない」、「応募者はいるが、採用したいと思う応募者がこない」の3つに分かれます。

応募が来ない

求人票

「ホームページに採用情報は載せているけれど、全然応募が来ない」

「どういうページにすれば応募が来るのか教えて欲しい」

「ハローワークに求人を出しているけれど全然応募がない」

そうおっしゃる企業さまは多いです。

仕事の良さ

まずは、会社や仕事の良いところをアピールすることが大切なのですが、ただ自社の良さを出すだけでなく、会社や仕事の良さをどう表現すれば、マッチした人材が応募したくなるかという視点が必要です。

「○○円以上稼ぎたい」、「経験やスキルを活かしたい」、「家庭と仕事を両立したい」…求職者のニーズはさまざまです。採用ページでは、御社の仕事が求職者のどんなニーズを満たせるのかをしっかり伝えることが大切です。

「この仕事に就くとこんなニーズが満たせる」ということが求職者に伝わると、仕事の良さを求職者自身の自分ごととして捉えることができるため、応募数が増える傾向があります。

お問い合わせボタン

求職者へのPR方法がわからない

「仕事の良いところと言われても、何があるかわからない」という声もよくお聞きします。企業様自身が、何をPRして良いのかわからないというケースです。

他者視点

説明する

私はこれまで取材に伺った企業さまからいただた声で、一番多いのが「うちの会社(仕事)にこんな良いところがあったんですね」というお声です。

自社のことは自分が一番よくわかっているような気がしますが、案外、見えていない部分も多いものです。心理学に「自分は知らないが、他人は知っている自分」というのがあるのですが、他人だから見える御社の良さを見つけ、求職者にアピールします。

採用したい応募者がいない

「応募は来るけど、採用したいと思える人材がいない」
「採用した人材がすぐ辞めてしまう」
「一緒に働きたいと思える人材に、長く戦力として働いてくれるにはどうしたらいいか」
といったお悩みもよく聞きます。

理想の人材が、安心して長く働きたいと思えるような情報を出すことが大切なのですが、どんな情報をどう出せば良いのかがわからないという企業さまも多いです。

安定成長

握手

採用した人がすぐに辞めてしまう大きな理由の1つが「入ってみたら、想像と違った」という理由です。

採用ページの中には、良いことだけを出しているページも多いですが、求職者は「仕事には大変な面もある」ということを知っているので、良いことしか出ていない求人ページは、かえって不安を持たれるのです。

せっかく良い人材が入社しても、定着してくれなければ、ずっと採用活動を続けなければなりません。良い人材に応募してもらい、長く働いてもらうためには、仕事や会社の『良いところ』と『大変なところ』をバランス良く出していくことが大切です。

就業後のスタッフフォローでは、さまざまな退職理由を聴いてきました。その経験を元に、良い人材が安心して応募でき、定着して戦力として活躍できるような採用ページをご提案します。

お問い合わせボタン

良い採用ページは社内のモチベーションアップにつながる

ミーティング

採用ページで会社の良さを出すことは、その良さに共感する人が集まります。つまり、こんな会社で働いてみたいと思う人が集まって仕事ができるようになります。

実際に、私がお手伝いした企業さまの中には、採用ページが充実したら、社員の皆さんにも会社の良さを理解してもらうことができ、社内に「仕事が大変な時もあるけれど、がんばっていこう」という雰囲気が出てきたという事例があります。

逆に言えば、会社の思いに共感できない人は集まらなくなるので、同じ価値観や思いの人たちと一緒に、会社を育てていくことができます。

お問い合わせボタン

お客様の声

これまでに採用ページのお手伝いをした企業さまからいただいた感想です。

即戦力が3日で応募

作業服の男性

電気工事で即戦力となる中途入社の社員が希望でした。こちらが希望する人材像と、仕事の特徴をお伝えしたところ、うまくまとめていただき、求人サイトに出しました。タイミングもあったと思いますが、出して3日後に経験者の応募がありました。 (電気工事会社)

希望条件に合う人が入社

スーパーの店員

うちはスーパーなので、人が休んでいる時が書き入れ時です。週末休みを希望する女性が多い中、平日休みでも良いと言う女性が応募してくれ、レジをお願いしています。3ヶ月経ちましたが、このまま続けてくれると良いなと思っています。 (スーパー)

素晴らしい社員と一緒に仕事ができていると実感

社員のインタビューでは、普段、具体的に聞いたことのない社員の話も盛りだくさんで楽しかったです。
それから、社員がそれぞれ仕事に対して「責任感」を持ってくれているんだな、と強く感じられ、嬉しく思いました。ますます、身の締まる思いです。 (製造業)

「こんな大変だとは思わなかった」の入社辞退が減少

重量物を持つこともある仕事なので、応募はそれほど多くはありませんが、応募者の「そんな大変な仕事だとは思わなかった」という反応はかなり減りました。採用ページでは、かなり具体的に仕事内容を出しているので、応募する人も、ある程度仕事のイメージをしてから応募してくれているようです。 (製造業)

お問い合わせの飛び先

価格

1ページ 5万円〜
作成ページ数や、ページのボリュームによって金額が変わります。
お見積もりいたしますので、詳細はお問い合わせください。

お問い合わせはこちらから

WEB採用ページに関するお問い合わせは、こちらのフォームからどうぞ。

お名前(必須)
メールアドレス(必須)
件名 WEB採用ページ作成の件
メッセージ本文(必須)